当ブログでは広告リンクが含まれています

コインチェック

コインチェックで仮想通貨を購入する方法【販売所&取引所】

  • コインチェックで初めて仮想通貨を購入するけど方法が解らなくて不安
  • コインチェックが仮想通貨投資にオススメな理由
  • コインチェックに入金する際の方法と手数料を知りたい
  • 販売所と取引所の違いって何?
  • コインチェックの販売所での購入方法はわかるけど取引所ってどうやるの?

こんな悩みを解決できる記事を準備しました!

初めて仮想通貨を購入する時って不安ですよね。
私も周りに仮想通貨投資を行っている人が少なく困った経験があります。


今回はコインチェックを初めて利用する方向けに画像付きで購入方法をまとめてみました

この記事を読めば、販売所と取引所のどちらでも購入することができますよ!

私も仮想通貨の投資デビューはコインチェックでした。簡単で使いやすいので初心者や主婦の方にもオススメです。

  • 国内のダウンロード数は累計540万を越える人気!【参考:https://corporate.coincheck.com/press/RkL6_-yY】
  • 初心者でも操作が簡単
  • 取り扱う仮想通貨は29種類(2023年12月)【参考:https://corporate.coincheck.com/press/RkL6_-yY】
  • スマホアプリで手軽に資産管理ができる
  • 日本円で仮想通貨を購入することができる
  • 24時間、年中無休で決算できる利便性の高さ

仮想通貨の投資考えている方や、コインチェックの口座開設がこれからの方は無料で開設することが可能です。

以下の記事も参考になりますので、一緒に読んでみて下さいね。

初めての投資はお小遣いの範囲内で十分です!
少額から投資をするのがオススメですよ!

当ブログは情報の提供を目的として個人が作成したものであり、投資の勧誘や推奨を目的としたものではありません。
またブログの内容については、不備のないよう十分に注意し記載しておりますがその内容の保障はいたしかねます。
投資を行った結果不利益が生じても責任は負いかねますので、ご自身の判断のもと投資を行って頂くようお願いいたします。

コインチェックの口座に日本円を入金する

まず始めにコインチェックで仮想通貨を購入するためには、日本円を口座へ入金しておく必要があります。
その前に入金方法と入金手数料は必ずチェックしておきましょう。

コインチェックの入金方法と入金手数料

コインチェックの入金方法

入金方法は3つあります。

  • 銀行振込
  • コンビニ入金
  • クイック入金

クイック入金とは、
土・日・祝日を含め、24時間リアルタイムに即時入金が可能なオンラインサービスです。
【出典:https://www.sbivc.co.jp/faqs/content/87p56u4wk01】

コインチェックの入金手数料

3種類の入金方法は手数料も異なります。

手数料は以下の表を参考にして下さい。

【参考:https://coincheck.com/ja/article/83#i2-1】

手数料が無料ということで、私のオススメは銀行振込です。
実際に私も銀行振込で口座に日本円を入金しています。

コインチェックへの入金手順(銀行振込)

それではさっそく、銀行振込からコインチェックの口座に入金してみましょう。

  1. コインチェックのアプリを起動する
  2. アプリの下にある【ウォレット】をクリックしページを開く
  3. 中央にある【入金】をクリックする
  • 銀行振込を選択する
  • 銀行名から“楽天銀行“もしくは“GMOあおぞら銀行を選択する
  • 選択した銀行の振込先が表示される(中央付近のオレンジ枠をクリックするとコピーができる)
  • 入金したい金額を入力し、ネットバンクやATMから振り込む

これで入金は完了です!

  • 入金完了のお知らせが届く

入金が完了するとアプリ内に金額が反映され、購入が可能な状態となります。

仮想通貨を購入する場所を決める

コインチェックで仮想通貨を購入できる場所は2か所です。

  • 販売所
  • 取引所

日常的に暗号資産を購入する場所をひとまとめにして“暗号資産取引所”と言いますが、その暗号資産引所の中にも“取引所”と“販売所”があるとイメージしておくと良いと思います!

取引所と販売所の違い

取引所と販売所の違いは5つです。

  • 手数料
  • 取引の相手
  • 購入できる銘柄数
  • 取り扱いのしやすさ(初心者向き)
  • 最低取引単価(ビットコイン)

【参考:https://faq.coincheck.com/s/article/40218?language=ja#:~:text=%E6%9C%80%E5%B0%8F%E6%B3%A8%E6%96%87%E6%95%B0%E9%87%8F%E3%81%AF%E3%80%81%E8%B3%BC%E5%85%A5,%E3%81%AE%E5%A3%B2%E5%8D%B4%E3%81%8C%E5%8F%AF%E8%83%BD%E3%81%A7%E3%81%99%E3%80%82】

手数料

取引所と販売所の違いにおける最重要事項は手数料と言えます。

手数料が違う理由は売買方法が異なるからです。

手数料を考慮すると、取引所がオススメです。

取引所では “売りたい人“と“買いたい人“の個人同士で取引が行われているため手数料が低く設定されているケースが多いです。

取引所では成行注文指値注文という方法で売買が行われています。

成行注文:価格を指定せず、その時の市場価格で売買する
指値注文:売買したい価格を指定し、市場で指定した価格がついた時に売買する

一方で販売所の場合は取引をする相手がコインチェックとなります。

例えばビットコインの場合、販売所で購入する際はコインチェックが保有しているビットコインの購入を行うことになります。

販売所の購入手続きはとてもシンプルなので、初心者でも取り扱いが容易であるのがメリットです。

最近では販売手数料が無料なところも多いですが、デメリットとしてあるのがスプレッドがかかってしまう点です。

スプレッドとは
スプレッドは「広げる」「伸ばす」を意味する言葉で、金融の世界では金利や価格の差を表す言葉として使われています。仮想通貨取引の場合、スプレッドは「売値と買値の差額」という意味で用いられています。
【出典:https://coincheck.com/ja/article/47#i1

このように販売方法が異なることで手数料が変わってきます。

取引相手の違い

先にもありましたが取引所では“売りたい人“と“買いたい人“の個人同士での取引のため、コインチェックが仲介役となって売買が行われます。
成行注文、指値注文での取引です。

販売所の場合はコインチェックが保有している仮想通貨を購入することとなるため、取引相手が販売所であるコインチェックとなります。

購入できる銘柄数

銘柄数では販売所の方が多くの種類の仮想通貨を取り扱っています。

【出典:https://coincheck.com/ja/article/23 2024年7月時点】

販売所の方が銘柄数の取り扱いが多くなっています。

販売所または取引所を利用する際は、事前に取引したい銘柄があるかどうか確認しておくと良いですよ!

取り扱いのしやすさ(初心者向き)

取り扱いのしやすさで考えると“販売所”の方が容易と言えます。

成行注文や指値注文など、初めて利用する際には不安に思ってしまいますよね。

私自身も初めてビットコインを購入したのは販売所でした。
取引所の方が手数料が安い!ということは理解していましたが“まずはビットコインを購入し市場に出る”ということを目的にしていたからです。

無理なく自分にあった投資方法で行いましょう。

最低取引単価(ビットコイン)

取引所と販売所ではビットコインを購入する際の最低取引単価が異なります。

販売所では500円分から購入できますが、取引所では現時点(2024年7月)で0.001BTCは1万円を超える金額です。

取引所と販売所のそれぞれの特徴を理解したうえで、購入する場所を選択していきましょう!

実際に仮想通貨を購入してみる

実際に暗号資産(仮想通貨)を購入していきましょう。
今回はビットコインを販売所と取引所で購入していきたいと思います。

まずは購入操作が簡単な販売所から購入してみましょう!

ビットコインを販売所で購入する流れ

  • コインチェックのアプリを起動し“販売所”のページを開く
  • ビットコインをクリックする
  • ビットコインが選択されていることを確認し購入をクリックする
  • 購入希望金額(日本円)を入力する

希望金額を入力すると、購入可能なビットコインの数が表示されます。

  • “日本円でビットコインを購入“をクリックする

これで販売所での購入は完了です!

初めての購入でも操作がしやすいですよね!

ビットコインを取引所で購入する流れ

  • アプリ内の右下にある“ディスカバリー”のページを開く
  • ディスカバリーのページを開き、スクロールをすると“FAQ/問い合わせ”をクリック
  • メニューバーをクリックし“コインチェック取引所”を選択する

取引所をクリックすると、ビットコインの“買い板/売り板”が表示され、取引所の画面となります。

  • BTC買い板/売り板から自分が購入したいレートを選択し、クリックする

クリックしたら下へスクロールしていきます。

クリックしたレートが、現物取引のレートの欄に反映し自動で表示されています。

  • 購入する通貨がBTCになっていることを確認
  • 概算の金額を入力すると、金額に応じてBTCの注文量が自動で表示される
  • “買い”を選択後、記入漏れがないことを確認し“注文する”をクリック

これで取引所での購入は完了です!

コインチェックの取引所ではビットコインの取引が無料でできます。
これは大きなメリットと言えますね!

販売所の方が購入方法はシンプルなため初心者向きではありますが、慣れれば取引所でも問題なく操作も行うことが可能です。

投資では手数料も大きな負担となるため、投資スタイルによっては取引所を利用することをオススメします!

まとめ

今回はコインチェックで仮想通貨を購入する方法についてまとめました。

  • コインチェックへの入金方法は3つあり、振込手数料が無料な銀行振込がオススメ
  • 販売所と取引所の大きな違いは手数料であるが、2つの違いを理解した上で自分にあった場所で購入すると良い
  • 販売所と取引所での購入方法を解説

この記事を参考にぜひ仮想通貨市場デビューをしてみて下さいね!

  • この記事を書いた人

ぱっぱかママ

投資歴6年目の2児のママ。NISAやiDeCo、仮想通貨に投資をし1500万円運用中。忙しい主婦向けに誰でもわかるように仮想通貨について書いています!

-コインチェック